第68回全日本剣道選手権大会2020年情報【過去データから分析】

今年68回目になる全日本剣道選手権大会!

全国の強豪剣士たちは、1月の初稽古から闘志に燃えている事と思います。

ここでは、第68回全日本剣道選手権大会についての情報や有力選手をまとめていきたいと思います。

基本情報

開催日:2020年11月3日(火) *確定

開催地:調整中  *令和2年3月の理事会にて決定

開催地に関しては、昨年は日本武道館が東京オリンピックに向けた改修工事の関係で大阪インテックスアリーナで行われましたが、今年は日本武道館で行われることが有力かと思われます。

今年の大会要項の概要はでていませんが、例年通りなら出場選手資格は以下の通りになります。因みに予選会出場は1か所の都道府県大会にしかでることができません。

東京 4名
埼玉・千葉・大阪・福岡 3名
北海道・茨城・神奈川・静岡・愛知・兵庫 2名
その他の府県 1名
計64名

今年の有力選手は?

過去大会の優勝者データをみてみると、過去20年で熊本の西村英久選手を除き、複数の出場選手資格がある都道府県の選手が優勝しています。

また、2014年以外は警察官の選手が優勝しています。

今年も複数資格のある都道府県から優勝が出るのではないでしょうか。