うしろシティ解散らしいね。全然興味のない芸人なんでネタとかあんまり知らないんだけど。そういえばピスタチオも解散だとか。

今回は売れない芸人のコンビ名の特徴をいくつか述べてみようと思う。といっても自分は芸人でもなければ一人間でもかなり性格の悪い人間の部類だから気にしないで。また、今後、コンビ名を考える人に参考にしてくれた際はファンになりますのでよろしくお願いします。

①既存のものに名前負けしてるコンビ名

これをきいて、和牛と思った方。いいお酒を飲めそうだ。俺は下戸だから飲まないけど。和牛はM-1常連で漫才のネタも確かに面白いが、牛肉の王様、和牛にはどうやっても勝つことが難しいのである。ピスタチオも同様に、どんなに白目をむいたところであのくせになる味には勝てないのである。コンビ名にするなら、ちくわぶとか、パンの耳とか、まだ勝負になるであろう名前にすることをお勧めする。もっともyahoo検索で上位にくるためにはオリジナル要素の強い名前の方がいいが。

②呼びにくい、読みにくいコンビ名

海砂利水魚、鎌鼬、天竺鼠、等々、おそらく芸人を見る人っていろんな層がいるので、読みにくいとか、呼びにくいだけで人気が出ないことは間違いない。くりーむしちゅー、かまいたちに改名して売れていることがいい例。売れたいなら、小学生でも読めるコンビ名にするべき。

③やたら長いのに略せないコンビ名

パーフェクト・ダブル・シュレッダー、アンリミテッドプリパレーション、フェスティバルおばあちゃん

④ネガティブな名前のコンビ名

これがうしろシティの該当する部分。坂道コロコロとか、雨上がり決死隊とか、パンクブーブーとか(M-1勝ったのにタイヤマルゼンのCMできなくて笑った)、さらば青春の光とか。正直、笑いに負の要素いらんからね。本当に実力があったら大丈夫なんだろうけど。実力があっても売れるのは運しだいな芸能の世界で、ネガティブなコンビ名はプラス要素ないでしょ。

なにはともあれ、うしろシティながい間おつかれさまでした!

引用:お笑いコンビ・うしろシティが4月末で解散 阿諏訪泰義は個人で活動、金子学は松竹芸能所属のまま